ドクター

くしゃみの拍子に出ちゃった|尿漏れの種類と治療方法

前立腺の病気の治療

女性医師

排尿後にすっきりしない、血尿が出た、排尿時に痛みを伴うなどの症状がみられるようであれば、前立腺の病気である可能性があります。新宿の泌尿器科では、男性の前立腺に関する悩みを持つ人が多いです。前立腺の病気の検査として、新宿の泌尿器科では生検針という検査を行います。これは、特殊な針を用いて前立腺の組織を採取し、その組織を顕微鏡で観察して病気の有無を調べる方法です。前立腺の癌に掛かっているかどうかがわかります。この検査では痛みが伴うことがあるため、新宿の泌尿器科では麻酔を用いて行います。麻酔の種類も、身体の一部のみに麻酔の効果が得られる局部麻酔や、下半身全体に麻酔効果のある下半身麻酔などがありますが、新宿の泌尿器科では効果時間や効果が切れ始めてからの時間などの関係から、下半身麻酔を用いる際は入院して安静にする必要があります。
尿の出が悪かったり、睾丸に痛みがあったりする場合は、前立腺肥大症の可能性があるため、新宿の泌尿器科では手術を行うこともあります。この手術は、内視鏡や電気メスを用いて、前立腺の一部を切除するというものです。また、血尿を抑えるために術後も尿道にカテーテルを残しておくこともあるため、入院の必要があります。この手術はまだまだ発展途上で、手術の効率や時間を改善する方法が今もどんどん新開発されています。そのため新宿では、泌尿器科によっては設備や方法に大きな差があることもあるため、事前に調べてから受診すると良いでしょう。