ドクター

くしゃみの拍子に出ちゃった|尿漏れの種類と治療方法

頻尿についての悩み

聴診器

1日のトイレの回数が、9回以上であったり、夜寝ていてもトイレに2回以上起きてしまうと、泌尿器科では「頻尿」であると診断されます。頻尿は何故起こるのか、症状や原因はいくつかあります。例えば、「過活動膀胱」というのは、突然、我慢できないくらいの強い尿意を催してしまう病気です。この病気は、自分の意思とは関係なく、すぐにトイレに行けない状況でも尿意を催してしまうことも少なくありません。中には、脳梗塞や神経トラブルが原因となっていることもありますが、女性の場合だと、骨盤底筋などが原因になっていることもあると、新宿の泌尿器科ではいわれています。
他にも、新宿の泌尿器科を訪ねて来る患者さんには、小さい頃から親に「トイレを我慢すると身体に良くない」とか「膀胱炎になるといけないから」としつけられてきた人が泌尿器科では大多数を占めます。新宿の泌尿器科を受診してみて、先生に少し我慢してみるよう言われて我慢したら、症状が改善した、という例もあります。ストレス性のものでいえば、親や教師に叱られるとトイレに行きたくなる、などがあります。新宿の泌尿器科では、頻尿の治療法として、尿意をコントロール出来る人と出来ない人で処方する薬物を変えてみたり、「トイレを我慢する必要はない」と自分自身の意識改善を進めたりしています。頻尿について少しでも疑問に思ったことや相談したいことがあれば、一人で悩まずに新宿の泌尿器科に相談してみると良いでしょう。