人を招くマナー

観客

講演の目的を明確にする

派遣企業を使ってイベントに招く講師を決めたい時は、大まかに求める人材の方向性を考えておきましょう。特定の人物に絞り込めない場合は派遣企業のスタッフに相談して講師を定めますが、その際は観客の年齢層やイベントの趣旨を伝える必要があります。一口に講演会と言ってもフランクな場であればお笑い芸人の方を招くこともできます。講演の中に漫才やコントを取り入れてもらえばお客さんにとって満足度の高いイベントになります。有名人を招けば人が来なくて伸び悩んでいるお店や地域に他方から聴講者が集まりますから、良い宣伝効果が生まれます。講演を聴きにやってきてくれた人たちがお店を気に入ってくれれば、別の機会にも足を運んでくれるようになるのです。また多くの人たちを招いて行いたい講演と言えば防災関係のイベントです。安全性を向上させる知恵は現場に出た人から学ぶのが一番ですから、専門家を招いて学ぶ価値は高いでしょう。こうしたイベントは地域のコミュニティだけでなく企業でも行うと社員の生活を守れます。一度講師に予約を入れて契約が済んだ後は、キャンセルはできません。特に人気を集めている講師はスケジュールを厳密に管理していますので、イベントの開催が決定してから連絡を入れるようにしましょう。また講演会場が遠方にある場合、駅から講師を送迎した方がイベントがスムーズに進みます。特に気象が荒れやすいシーズンは万が一を考慮して車やバスなど様々な交通手段で講師がイベント会場に到着できるように考えておきましょう。